であい.COM で 出会い 新発見
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング
友達を誘う
ようこそ! ゲストさんトップメニュー >> 月島廉太郎さんの日記(QNMNA845)2003年11月25日
新規メンバー登録 - ID/パスワード再送 - 設定変更 - ログイン

メンバー登録

集まるかぁ〜れんだー
  (新着:)
「であい.COM」で出会える秘密
1.ユーザ登録とログイン
2.プロフィールの登録
3.理想の相手をサーチ
4.メッセージを送ろう!
「であい.COM」でよくある質問
◆ご利用について
◆登録の疑問・質問
◆使い方の疑問・質問
◆設定の変更,解除
◆リンク,取材等


であいニュースで新着出会い情報をGET!であいニュース
登録はこちら


iモード,SoftBank,
EZweb,Lモード,
ASTEL,AirH"PHONE,
WindowsCE,
PLAYSTATION3, PSP,
NINTENDO DS/Lite対応
集まるかぁ〜れんだー情報
架空請求に注意!!であい.COMは無料サービスです.利用料の請求等は一切行っておりません.身に覚えの無い請求には一切応じないでください
「であい.COM」は日記を軸としたコミュニティーサービスです。必ず規約を遵守してご利用ください
[日記をつける]


ここをクリック
月島廉太郎(♂)☆☆■@話し/電話友(男女)(66歳)山梨.甲府近辺在住/勤務・無職/充電中/定年退職者
 こちらも、日記系.jpも過去の学びの足跡として時々戻って来ています。遡って読むことで、さらに精進したいと思います。(出会いは求めていません)
[アクセス 12/12]
日記(全部で665日分)RSSRSS2.0ATOMOPML
次の15件>
■2003/11/25(火)
昨日を今日までを思い出しながら…明日の出来事までも決めてしまえればいいのかも知れない…幾度も幾度でも冬を迎えてこうして…君の暖かい体を抱いていられればいいのかも知れない…信じる信じてる こんなことを云い続け…ほんの小さな幸せにひたっていられれば いいのかも知れない…
■2003/11/23(日)
言葉は流れる風のよう…出ていったきりもどせない。あなたは無邪気な夢のよう…そう意味のないただの夢。心は虚ろな空のよう…化石のような僕の空。通り過ぎる女はみな やさしすぎる女たちで思いつくたび振りかえる…わずかな涙も知って…そうありふれたただの愛のように。
■2003/11/21(金)
僕のお気に入りの椅子に体を預け、ファッション雑誌を広げる君は、どこか子猫のしぐさに似てる…腕に抱えて喉を撫でたら僕にもなついてくれそうな…ある日の寒い夜に街で拾った恋さ。 ちぎって燃やす手紙はメモリー 大事にしまっていたはずなのに…君のKissは浮気なKissだね 他の誰かへの 当て付けか…。
■2003/11/19(水)
朝もやのかかる起きぬけのホームにひとり… 袖の汚れに 吐息が白い バスに乗るとき 君が見せた淋しげな笑顔がいつまでも頭に残る… 少女の薄い胸が僕の隠れ家だった 始発電車はまだ来ない…朝もやは低く沈む 風がないのはいつもとおなじ…。
■2003/11/17(月)
いつもと変わらぬ小さな部屋から 見上げているんだ 灰色の空を… みんな孤独で何かに飢えて 気紛れに時を過ごす その中につかのま 灯す夢…夢を信じるしか すべもない いつもと変わらぬ小さな部屋で 待つ事ばかりに疲れた僕は たばこの煙を目で追いながら 泪を小指でふいてみたけど とめどなく泪はあふれ 音をたててたたみに落ちてくる…
■2003/11/15(土)
裸足のままで 海辺を歩く…少女のように 僕の手ひいて 短い恋に終止符打つため 楽しい旅の はずじゃないのに…離れたくないのなら 思い直そうか それともこのままで 時をやりすごそうか…もしも、もしも地上に涙が消えて 誰の笑顔も永遠ならば さすらう人に行き着く場所が見つかるはずとあなたは云うの…地図を広げて指さす所 僕もあなたも始めての駅…
■2003/11/14(金)
あの娘を待っている… いつもの待ち合わせ場所。いくら待っても来ない君、ちょっぴり心配になりました…あと少しだけ待ってみる そう心に決めて待っている… 君にあげようと持ってきた庭に咲いてた赤い花。早く花びんに入れないと枯れてしまいそうだよ。思い出すのは会ってるときの 長い髪にしみたいいにおい…もうちょっとだけ待ってみる 君がその角から来るようで・・。だけど君は来ない 待ちぼうけ…
■2003/11/12(水)
住宅街の昼下がりには 薬指で机でも たたいてたのだろう…窓を開くと白い顔をして風にさえなぐさめを探し続けてる。触れただけで、くずれそうな愛にすがりついたあなた…僕を見ないで 笑う理由は その笑顔が本物の笑顔じゃない証拠… 強くあなたを つき離しても この僕に やさしさを求め続けてる。 物語には終わりがあるとわかりきってたはずが 残り少ないめくるページをいつまで眺めてる…
■2003/11/11(火)
あの人を愛してはいけないと…いったい誰が決めたのでしょう…。たとえ燃えて、燃えて、燃え尽きて身も心も灰になってしまったとしても、それも定めと貴方は言いますか?あのひとを愛してはいけないと…いったいこの世の誰が決めたのでしょう。燃えたぎる恋の炎のなかで脱け殻のようになった私を貴方は見て、おろかな奴と笑いますか…。
■2003/11/09(日)
一人の暮らしにあきて 弱気になることばかり…狭い居場所が落ち着く君も 孤独が友達ですか?誰かの声が聞きたい…いつしか朝をむかえて 電話をまくらに ためいきつくのも 少しは慣れた夜…。心の深いところに 思い出ばかりが積もる。愛し始めた頃は 回りが見えなくなって目先の石ころにつまずいた…そんな痛みもいつか、祭りばやしが遠退くようにぼやけていくよね…。
■2003/11/07(金)
街頭では政治家たちがマイクを片手に声を上げる…決まり切ったように政治の季節が来てる。どこかの店先にはいま流行のメロディが。ふと思う…燃えつきそうな若さにしがみつこうしてた頃を。死にたい時や自分が嫌いになった事も。そんな泣き事だらけの僕のとなりに君がいつもすわっていてくれた…。過ぎていった昨日にすがりついてる いつでも…。
■2003/11/05(水)
君に招かれてたずねた あの夜を想ってる… 赤くはじけてたライトがドアからもれてたよ。 君が腕をふるうディナー。キャンドルだけで声をはずませて笑うと 灯りもゆれてた…何にも恐れず 無邪気な気持ちで愛してあげれば よかった…何にも恐れず 心のままにつつんであげればよかった…あの頃の君を…。
■2003/11/03(月)
暗く重い闇がうたう…星が生まれる暗い夜、声をひそめふるえ 泳ぐ 手探りだけで すべる様に忍び込んだ、あなたの奥の静寂を…燃えて尽きる愛のかたち。すべては戯れの愛。夜を飾った星々よ…すべては束の間の愛。やがては消え去る星々よ…
■2003/11/02(日)
青空の下で僕達は枯葉を踏みながら歩いてる。秋の木立は気取って見せても冬が来るのを隠せない…。君がちょっとこぼしたため息が澄んだ空気に流れてく。落ち葉は夏の忘れ物…郵便受けは今日も空っぽ。一枚、枯葉が覗いてた。それも季節の悪戯か…。
■2003/10/31(金)
さんざん歩き回りやっと見付けたお店は…言葉さえ飲み込んで 君を黙らせる…二人の思い出が溶け込んだ 夕暮れの街の音。こうして別々の時間を作る…。話し相手のない手持ちぶさたがもの想いに更けさせて、いつのまにか僕は目の前にいる君を忘れてた… 冬の匂いが漂う街の片隅で。
次の15件>



ユーザーピックアップ
さん■
さん■
さん■
さん■
さん■

[PR]
CONOE.net

by
Cyberz Inc.

メニューに戻る

[ 利用規約 | 管理人日記 | ご質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更/解除 | 広告のご案内 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformMITERUVCastEngine
Copyright(c) 1999-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
であい.COM登録商標」はサイバーズ株式会社が提供しています

X-Banners by Cyberz Inc.
X-BannersX-Banners
RSS RSS2.0 ATOM OPML